借金問題は弁護士に相談しよう

会社をクビになったり、リストラに遭ったりして生活費を工面するために仕方なく借金をする方もいます。

その他にはクレジットカード決済をすることに慣れてしまって、毎月の返済に追われて新たに借金をする方もいます。

借金をするケースは実にさまざまですが、誰もが借金をしたいと思ってお金を借りるわけではありません。

借金をした場合は借りたお金を返すだけではありません。利子を上乗せして返済する必要があります。

利子分が金融会社の収益となる仕組みになっています。金利に関して各金融会社によって異なります。

計画通りに返済することができれば問題はないですが、中には期日通りに返済できずに困っている方も大勢います。

借金

借金を返せない場合はどうなるの?

借りたお金を返すことができなければどうなるのでしょうか?

まずはお金を借りた金融会社から電話やメールなどで連絡が入ります。「いつまでに返済してもらえますか?」などの質問をされることが多いですね。

金融会社からの電話やメールを無視していると、自宅に担当者が訪問してきたり、督促状が届きます。

それでも無視をしていると、裁判所から通知が届き、強制執行が実施されることもあります。

強制執行が成立すると、あなたの預金や現金、自宅の家具や家財、給料などの一部差し押さえをされる恐れがあります。

債務整理を検討しよう

このような事態に陥らないためにも借金を返す手段がなくなった場合は速やかに弁護士や司法書士などに相談するようにしてください。

借金を返済することができなくなった場合は債務整理という法的手段によって解決擦ることが可能です。

債務整理の手続きとしては、任意整理や民事再生、自己破産、特定調停などの方法が用意されています。

それぞれ特徴があり、あなたが抱えている借金や毎月の収入の状況に合わせて最適な方法を選択することになります。

これらの債務整理手続きは素人では実施できないので、弁護士や司法書士の力を借りて実施します。

弁護士事務所に相談に行く前にやっておくこと

弁護士事務所に借金問題の相談に行く前にやっておくことがあります。それは借金の請求書や返済した領収書、催促状など、借金に関する書類を用意しておきましょう。

これらの借金に関する書類を事前に用意をして相談することで、スムーズにやり取りが進んでいきます。

相談を受けた弁護士もあなたの状況を把握しやすくなり、最適な解決法も見つけやすくなるというメリットがあります。

また弁護士側の作業が削減されるので、依頼した場合の費用も少なくなることもあります。

あとは弁護士に任せよう

債務整理手続きを依頼することが決まったら、担当の弁護士や司法書士に任せましょう。

借金返済の催促を受けている場合は契約締結後に速やかに対応してくれます。金融会社に連絡を入れて、借金返済の催促行為をしないように手続きをしてくれます。

無料相談も実施しています

借金の返済に困った場合はできるだけ早期に弁護士や司法書士に相談するようにしてください。

多くの法律事務所では無料相談も受け付けています。

あなたの借金の状況を確認した後、どのような債務整理手続きが適しているのかをアドバイスしてくれます。

債務整理手続きと依頼費用に関して納得することができれば契約となります。

当然のことですが、法律事務所や法務事務所は法律に従って運営されているので、強引に契約を迫られるようなこともありません。

まずは気軽に相談してください。きっとあなたの悩みを解決してもらえると思います。