カードローンを利用している方々が増えています。カードローンは文字通りカードを使ってお金を借りることができる便利なローン商品です。

少し前まではローンというと、消費者金融をイメージすることが多かったですが、ここ数年で銀行からもカードローンが多数登場していることでイメージは変わってきています。

カードローンは誰でも利用できるわけではありません。各カードローンには所定の申し込み条件が設定されています。

申し込み条件としては年齢や収入などがあります。また、地方銀行から発行されているカードローンの場合は居住エリアなどが限定されるケースもあります。

専業主婦でも申し込めます

収入面での条件が設定されているということで、働いていない専業主婦は利用できないと思われがちですが、実は専業主婦でも申し込めるカードローンが存在します。

なぜ収入がない専業主婦でもカードローンを申し込むことができるのでしょうか?それはその女性の旦那さんの収入が審査対象となるためです。

つまり専業主婦の旦那さんが一定の安定した収入を得ている場合は専業主婦でもカードローンを利用することができるようになっています。

但し、専業主婦がカードローンを申し込む場合は利用できる借入金額が通常よりも減額されることが多いです。

大半のカードローンは30万円~50万円程度に設定されます。専業主婦で30万円~50万円以上の金額を必要になるケースは人生でほとんどないので、それほど不自由することはないと思います。

専業主婦

専業主婦でも借りられるカードローン

専業主婦でも利用できるカードローンは限定されています。例えば、アコムやプロミス、モビットなどの消費者金融カードローンは専業主婦の申し込みはできません。

専業主婦が利用できるのは銀行カードローンが多いです。例えば、新生銀行カードローン レイクや三菱東京UFJ銀行カードローン、じぶん銀行カードローン、横浜銀行カードローンなどが挙げられます。

当サイトでも専業主婦の申し込み可能なカードローンをいくつか紹介しているのでカードローンの利用を検討している場合はぜひ参考にしてください。

なぜ銀行カードローンは専業主婦でも借りられるの?

では、なぜ銀行カードローンは専業主婦でも申し込めるのでしょうか?それは銀行カードローンは総量規制の対象外となっているためです。

総量規制とは貸金業法で定められている収入の3分の1しかお金を借りることができないというルールです。そのため、消費者金融カードローンでは収入のない専業主婦には利用できないのです。

しかし、銀行のローン商品は貸金業法ではなく銀行法が適用されるため、総量規制の対象外となっているためです。その結果、収入のない専業主婦でも申し込むことができるのです。

カードローン

旦那さんに内緒で申し込める

カードローンを申し込みをしたいけれど、旦那さんにバレたくないと考える方も大勢います。

その点も安心してください。数あるカードローン商品の中には家族にバレずに申し込めるカードローンもあります。

インターネット上で簡単に申込み手続きができたり、一定の借入金額の範囲内であれば収入証明書を提出する必要がない商品も存在します。

各カードローンによって申し込み方法や必要書類などが異なるので、申し込む前にしっかりとそのカードローンの特徴を把握することが大切です。