期日通りに借金を返済できない場合は一体どうなるの?

カードローンやフリーローンを利用してお金を借りた場合は当然決められた期日までに返済をしなければいけません。

お金を借りた方の中には何らからの諸事情によって期日までに返済できないというケースもあると思います。

もし期日までに返済できなかったら、どのように対応すればよいのでしょうか?

クエスチョン

速やかに連絡をする

期日までに返済ができないことが判明した時点で、お金を借りている貸金業者に連絡をしましょう。

多くの貸金業者は「いつまでに返済ができますか?」と聞いてくるので、きちんと支払える日にちを伝えてその日に返済すれば問題はありません。

貸金業者の中には遅延損害金が発生することもあります。遅延損害金とは期日までに支払うことができなかった場合に設定されている金利にいくらか上乗せをして返済する仕組みのことです。

簡単に説明すると、返済が遅れたことに対するペナルティのようなものですね。

一方で返済期日までに支払わなければ、貸金業者から電話やメールで連絡があります。「返済期日を過ぎていますよ!」という確認の連絡です。

毎日仕事などで忙しく過ごしている場合は返済日を忘れてしまう方もいます。そのため、返済日を過ぎていることを知らせるために連絡が入ります。

この貸金業者からの連絡を無視していると、自宅に担当者が訪問に来ることがあります。

家族と一緒に済んでいる場合はあなたが借金をしていて、その借金の返済が遅れていることがバレてしまうので注意をして下さい。

給料が差し押さえられるケース

担当者からの再三の返済要請に応じなければ、毎月の給料を差し押さえられることがあります。

貸金業者は法的な手順を踏んで給料の差し押さえを実施するので、あなた自身は拒否することができません。

給料の差し押さえをされてしまうと、当然勤務先に借金をしていて返済が滞っていることが知られてしまいます。

但し給料の全額を差し押さえられるわけではありません。最低限の生活ができる金額は守ることができます。

一般的には支払われる給料の4分の1に相当する金額のみ差し押さえができることになっています。

借金を返済できない場合

では、どうしても借金を返済できない場合はどうすれば良いのでしょうか?

まずは弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。法律事務所では債務整理の相談を受け付けています。

債務整理とは抱えている借金を返済することができない場合に法的手段を実施して解決することです。

債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などの手続きが用意されています。

あなたの借金の状況や収入面などを考慮して、適切な債務整理手続きを選択してサポートしてくれます。

おまとめローンの検討

毎月安定した収入がある場合は、おまとめローンの利用を検討することも有効です。

おまとめローンは複数の借金を一つのローンにまとめることができる商品です。また、借金の借換え目的でも利用できます。

現在利用しているローンの金利よりもおまとめローンの金利の方が低い場合は借換えることで金利負担が軽減できるメリットがあります。

クレジットカードのリボ払いで返済に苦労するケースが多いです

多くの方がクレジットカードを所有しています。あなたも1枚や2枚はクレジットカードを持っているのではないでしょうか?

さまざまな会社からクレジットカードが登場しています。例えば、三井住友VISAカードやJCBカード、楽天カードなどが有名ですね。

海外ならアメックスやダイナースクラブカードなどが挙げられます。

クレジットカード

“クレジットカードのリボ払いで返済に苦労するケースが多いです” の続きを読む

カードローンの使いすぎには注意!多重債務に陥る恐れがあります

テレビで頻繁にカードローンCMが流れています。以前まではアコムやプロミスなどの消費者金融会社が多かったのですが、最近は三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などのメガバンクもカードローン商品のCMを放送しています。

このようにさまざまな会社や銀行がカードローン商品を宣伝していることもあって、カードローン利用者は年々増加しています。

カードローンの使いすぎ

“カードローンの使いすぎには注意!多重債務に陥る恐れがあります” の続きを読む