クレジットカードのリボ払いで返済に苦労するケースが多いです

多くの方がクレジットカードを所有しています。あなたも1枚や2枚はクレジットカードを持っているのではないでしょうか?

さまざまな会社からクレジットカードが登場しています。例えば、三井住友VISAカードやJCBカード、楽天カードなどが有名ですね。

海外ならアメックスやダイナースクラブカードなどが挙げられます。

クレジットカード

クレジットカードのメリット

クレジットカードの魅力は何といっても現金不要で買い物やサービスを利用することができる点ですね。

最近ではネットショッピングでもカード決済をすることが当たり前になっています。

財布にお金がない場合でもカードがあれば買い物ができてしまいます。

クレジットカードのデメリット

一方でクレジットカードのデメリットとしては金銭感覚が麻痺してしまう恐れがあることです。

メリットの裏返しになるのですが、現金不要で買い物ができるため、お金を出費している感覚がなくなり、高額なものでも平気に購入してしまう傾向があります。

そして知らないうちにカードの利用限度額の上限まで使い切ってビックリすることになります・・・(汗)

リボ払いに気を付けよう

クレジットカードの支払い方法で特に気を付けなければいけないのがリボ払いです。リボ払いとは毎月の支払額が一定額に固定される支払い方法です。

通常では一括払いになっていると思います。一括払いであれば一月に使いすぎてしまっても決済日の返済額が増えるだけです。

なんとか決済日に必要な金額を用意すれば、今後は使いすぎに懲りてカードの使い方を見直すと思います。

リボ払いでは支払金額が固定されるので毎月の返済額は余裕ができるのですが、全てを支払うまでの期間が長期化してしまうのです。

またリボ払いの場合は手数料が発生します。手数料は金利のようなもので支払う金額に上乗せされてしまいます。

毎月の支払金額を少額に設定すればするほど、手数料が膨れあがっていく仕組みになっています。

高額な商品を毎月少ない金額で支払うことになると、いつまで経っても完済できずに毎月返済し続けなければいけなくなります。

リボ払い利用者に多重債務者が多い

クレジットカードを利用して借金返済に困る方の大半がこのリボ払い利用者です。

リボ払いにすることで知らない間に借金が増えていくことが多いです。

そしてその借金を返済するためにカードローンなどを申し込んで多重債務者になってしまう恐れがあります。

このような事態に陥らないためには、クレジットカードは一括払いのみで利用するようにしましょう。

一括払いは手数料が発生しません。そのため、ショッピング利用した金額のみを支払うだけで済みます。

既にリボ払いを利用しているのであれば毎月の支払金額をできる限り高額に設定して返済期間を短くするようにしましょう。

毎月の支払いは大変になりますが、その分手数料の上乗せが少なくなり、返済する総額も減少できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です