気になる!債務整理後に不便なことってあるの?

借金の返済が困難になった場合は債務整理を実施して、手続き通りに借金を返済することができれば借金はゼロになります。

債務整理後は日常生活にどのような影響があるのでしょうか?

債務整理後に不便なこと

ブラックリストに載ってしまう

債務整理が完了した後に気になるのがローンの審査です。債務整理手続きを実施するとブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストとは俗名で、信用情報機関のことを指します。全国銀行個人情報センターや株式会社シー・アイ・シー、株式会社日本信用情報機構などが挙げられます。

ローン商品を申し込む場合は必ず個人情報を確認します。その際、ブラックリストに載っていることが判明すると審査を通過するのは非常に難しくなります。

また、クレジットカードも同様です。厳密にはローン商品ではないですが、後日決済ができる商品ということで類似性があり、クレジットカードの審査を通過するのも困難になります。

そのため、債務整理手続きをした後には新たにクレジットカードやローンを利用することはできなくなります。

但し、任意整理の場合は手続きを実施して5~7年程度経過すると信用情報機関からあなたの名前が消えるので、新たにローンを利用することが可能となります。

債務整理をしたことがバレるの?

債務整理の実施を検討している方の中には世間体を気にする方も多いですが、その点は心配する必要はありません。

債務整理手続きをしたという事実が近所の人達に気付かれることはほぼありません。

上述しているように、信用情報機関に名前が掲載されますが、信用情報機関の情報を確認するのはローンやクレジットカードの審査などを担当する方々です。一般の方々がチェックするということはありません。

しかし、債務整理手続きの中で自己破産や個人再生を行う場合は少し注意が必要です。自己破産や個人再生手続きを行う場合は官報に氏名が掲載されてしまうためです。

官報とは、法律・政令等の制定・改正の情報や破産・相続等の裁判内容が掲載される国が発行している新聞のようなものです。 官報は国立印刷局が行政機関の休日を除き、毎日発行しています。

とは言っても官報を見ている一般の方はほとんどいません。あなた自身も今までの人生において官報を見たことはないと思います。

このように債務整理手続きをしたことは職場の人達や近所の人達バレる心配はほとんどないので安心して下さい。

安心して債務整理手続きを実施してください

債務整理手続きを実施したとしても、日常生活に支障を来すことはほとんどありません。

新たにローンを組んだりクレジットカードを利用したりする場合は少し支障が出ますが、それも5~7年程度辛抱すれば解決します。

今回の記事を読んで頂ければ、債務整理手続きをすることに不安を感じることはないと思います。

借金の返済に苦労していて債務整理を検討しているのであれば、できるだけ早い時期に弁護士や司法書士に相談するようにしてください。

借金の総額が少なければ少ないほど、債務整理をした後の回復スピードが速くなります。

借金問題の相談は無料で受付をしている法律事務所や法務事務所もたくさんあります。勇気を出して、まずは借金問題を相談することから始めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です