ギャンブルで借金地獄!ギャンブル依存症にはくれぐれも注意しよう

ギャンブルが原因で借金を繰り返す方がいます。日頃ギャンブルをしない方にとっては借金をしてまでギャンブルをする心理は理解出来ないと思いますが、実際にはギャンブルをするために借金をする方も存在します。

日本国内で楽しめるギャンブルとしてはパチンコやパチスロ、競馬、競輪、競艇などが挙げられます。

厚生労働省研究班が実施した調査によると、パチンコや競馬といったギャンブルが止められない依存症の疑いがある方は推計536万人にのぼるという結果があります。

想像しているよりも多い人数ではないでしょうか?

ギャンブルで借金

ギャンブル依存症の仕組み

ギャンブル依存症はドーパミンの機能不全が原因で発症するれっきとした病気です。ドーパミンは快楽や興奮を感じさせる物質で、ギャンブルに熱中することでこのドーパミンが必要以上に分泌されることで依存症になる可能性があります。

ギャンブル依存症になると、快楽や興奮を求めたいという心理状態となってギャンブルにつぎ込む金額がどんどん増えていきます。ひどい状態になると、収入の範囲を超えて借金をしてまでもギャンブルをし始めます。

ギャンブル依存症になりやすいタイプ

どのようなタイプの方がギャンブル依存症になるやすいのでしょうか?

特に多いのが一つのことに熱中したりのめり込みやすいタイプです。このようなタイプはドーパミンが分泌しやすい体質の場合が多く、仕事や趣味などに熱中する場合は問題がないのですが、パチンコや競馬などに興味が向いてしまうとギャンブル依存症になりやすい傾向があります。

その他には家系の中にギャンブル依存症の方が存在するケースです。ギャンブル依存症は遺伝することがあるので、両親や祖父母、親戚などにギャンブル依存症の方がいる場合は十分に注意をして下さい。

借金をしてまでギャンブルをします

ギャンブル依存症になってしまうと、ギャンブルにつぎ込む金額がどんどん増えています。最初は給料の範囲内で工面していますが、熱中しすぎると食費を削ってまでギャンブルをするようになります。

さらに収入を超える金額をギャンブルにつぎ込むようになり、消費者金融などで借金をしてまでギャンブルに熱中します。

借金の肩代わりはダメです

家族や親しい友人の中にギャンブル依存症の方がいる場合は抱えている借金を肩代わりをして負担を軽くしてあげたいと考えてしまいますが、借金の肩代わりは逆効果になります。

ギャンブル依存症に陥っている場合は少しでもお金があればギャンブルにつぎ込もうと考えます。そのため、ギャンブル依存症から脱却するだめには、あえて何もしないことが最善の方法となります。

誰からも支援を受けられなくなってどうしようもなくなった時に初めて自分自身で「このままではダメだ・・・」と感じで治療をしようと考えます。

相手のためだと思って心を鬼にして何もサポートをしないようにしてください。

ギャンブル依存症の治療方法

ギャンブル依存症に陥った場合はどのように治療をすればよいのでしょうか?

一度ギャンブル依存症になってしまうと、自分自身の力ではなかなか回復することはできません。

借金返済に苦労して、ギャンブルを止めようと決意したとしても、2~3ヶ月くらいすると、またギャンブルがしたい衝動に駆られます。

そして自分に都合の良い理由を付けてギャンブルを再開してしまうケースが多いです。

本当にギャンブル依存症を治療したいのであれば、病院で治療をすることをおすすめします。ギャンブル依存症は病院で治療することができます。

治療方法はさまざまです。カウンセリングをしながら症状を改善する方法や同じギャンブル依存症にかかっている方々のグループに入って一緒に規律ある生活を送ることで改善することができます。

もし、あなたやあなたの親しい方がギャンブル依存症に悩んでいるのであれば、一度病院で診察を受けることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です