個人再生なら債務が原則5分の1に減額できます

債務整理と言えば、任意整理や自己破産が有名ですが、個人再生という手続きも用意されています。

今回は個人再生の流れやメリット・デメリットなどに関して詳しく見ていきましょう。

個人再生

個人再生の流れ

個人再生手続きも他の任意整理と同様に弁護士や司法書士に相談するところから始まります。

担当の弁護士などから個人再生手続きの流れやメリット・デメリット、依頼する際に発生する費用などを説明してもらえます。

手続きを実施することに納得することができれば契約締結となります。

契約が結ばれると債権者に対して受託通知の送付と債権調査を実施します。受託通知を債権者に発送することで取り立てがストップされます。

そして個人再生手続きの申し立てに必要は書類を用意して、担当の弁護士や司法書士に個人再生の申立書を作成してもらいます。

申立書が完成したら管轄の地方裁判所に提出します。さらに再生計画案と家計収支表、通帳の写しを裁判所に提出します。

その後、再生計画案の認可が確定することで手続きが完了します。毎月の返済金額を確認して返済を実施していきます。

個人再生のメリット

個人再生のメリットで一番大きいのが、債務が原則5分の1に減額されることで返済の負担が軽減されます。

また他の債務整理手続きと同様に手続きがスタートした時点で債権者からの取り立てがなくなります。取り立てがなくなることで精神的にも余裕が出てきます。

その他には自己破産のように自宅や車などの資産を手放す必要がないこともメリットとしてあげられます。

個人再生のデメリット

個人再生を実施することでブラックリストに登録されて、今後5年程度は新たに借入をしたりクレジットカードの申込みができなくなります。

また自己破産手続きと同様に国が発行している官報に自分の氏名と住所が掲載されてしまいます。

借金を減額してもらうことはできますが、全てが消滅するわけではありません。今後も継続して返済していかなければいけないので、一定の収入が見込めない場合は個人再生の認可が下りません。

減額される金額

個人再生手続きを実施して再生計画案が認可されることで借金が減額されます。

借金が100万円未満であれば最低弁済額は全額となり、手続きをする意味はありません。

100万円~500万円であれば最低弁済額は100万円となっています。そして500万円~1500万円であれば借金額の5分の1が最低弁済額となります。

借金の金額が大きくなればなるほど減額される金額も大きくなっていきます。

再生計画案で減額された金額を3年程度で完済していきます。特別な事情がある場合は5年程度に延長してもらえるケースもあります。

まとめ

個人再生手続きは任意整理と自己破産の間に位置づけられている債務整理方法です。

つまり任意整理ほど借金の総額は少なくないけれど、自己破産をするほどの借金はない場合に検討される手続きです。

弁護士事務所や司法書士事務所に相談に行けば、あなたの借金の状況や今後の収入の見込みなどを考慮して適切な債務整理方法を提案してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です