任意整理では将来の利息をカットすることができます

借金返済が難しくなった場合、弁護士や司法書士に相談する流れになります。

弁護士や司法書士に相談することで債務整理をすることができます。

債務整理の方法としては任意整理や自己破産、個人産生などが挙げられますが、中でも任意整理を実施するケースが多いですね。

そこで今回は任意整理の手続きに関して詳しく見ていきましょう。

任意整理の流れ

まずは任意整理の大まかな流れを簡単に紹介します。

依頼をしたい事務所に相談をするところからスタートします。担当者が任意整理手続きのメリットやデメリット、手続きの流れ、依頼費用などを説明してくれます。

正式に契約することになると、債権者に対して受任通知を発送します。受任通知を発送することで今後は債権者からの取り立てがなくなります。

そして債権者から公開された取引明細を検討して利息制限法の上限金利を計算します。

過払い金が発生している場合は過払い金返還請求を行います。また将来の利息をカットする交渉を実施します。

両者の間で和解契約が成立すれば手続き完了です。和解契約書に記載されている返済計画に従って返済していきます。

任意整理のメリット

任意整理を実施する際のメリットとしては、将来の利息をカットできる点が挙げられます。

任意整理では債権者と債務者が交渉することで借金の減額を目指します。そこで多くのケースで減額されるのが将来の利息となります。

将来の利息をカットしてもらえることで、完済までのスピードが速まります。

そして、他の債務整理手続きよりも自由度が高い点もメリットと言えます。

例えば複数社から借金をしている場合は一部の借金だけ債務整理を実施することも可能です。

任意整理のデメリット

当然のことですが、任意整理のデメリットも存在します。

まずは任意整理手続きを実施することで今後5年程度は新たに借金をしたりクレジットカードの申込みができなくなります。

借金をすることはないと思いますが、クレジットカードを利用したいケースは考えられます。

既にクレジットカードを所有している場合は問題ないですが、今後クレジットカードを新たに発行してもらいたい場合は早めに申し込んでおきましょう。

その他には任意整理は債権者と債務者との交渉によって実現します。裁判所は関与しないので、交渉者の力によって減額できる金額に差が出ることがあります。

そのため、任意整理手続きを検討する場合は、信頼できる弁護士や司法書士に依頼をするようにしましょう。

まずは弁護士や司法書士に相談しよう

任意整理を検討する場合は弁護士や司法書士に相談をしてください。

裁判所を介さないため自分で実施できると考える方もいますが、任意整理手続きは法律の専門知識が必要になります。

依頼費用はかかりますが、やはり法律の専門家にお願いするようにしましょう。

相談だけなら無料で実施している事務所が大半なので気軽に問い合わせてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です